気に入った賃貸物件を押さえておくために支払うのが申し込み金です。いつまでに返事をするかの期限がポイントです。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

賃貸物件の申し込み金について

気に入った賃貸物件が見つかったけれど、もう少し他の物件も見学してから決めたいというケースはよくあります。このような場合、その物件を押さえておいてもらうという意味合いで申し込み金を支払うことがあります。この申し込み金は、まだ正式に契約する前に渡すお金なので、厳密には不動産会社に一時的に預ける形になります。ですから、押さえておいてもらったけれど結局キャンセルした場合には全額返金されるのが基本です。申し込み金を預けた場合には、領収証ではなく預かり証を発行してもらいその上で契約しなかった場合の扱いについて必ず確認しておきます。

また、申し込み金を預けておいた物件に最終的に決めた場合に、そのお金がどういう扱いになるのかも重要です。賃貸物件に正式に契約する時には、敷金や礼金、前家賃などのまとまったお金が必要ですが、申し込み金がこれらの初期費用に充当されるかどうかを確認しておきます。なお、物件情報は複数の不動産会社を通じて公開されていることがあります。物件を押さえてもらうために渡した申し込み金はその不動産会社には有効で物件の公開を止めてもらえますが、同時に扱っている他の不動産会社では引き続き公開されていますから申し込み金を払ったから安心というわけではありません。また、契約するかどうかの返事をいつまでにするかを不動産会社に伝えておくのも当然のマナーです。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.