賃貸物件の契約更新は、契約期間満了と同時に法定更新されますが、期間の定めが無い契約形態になります。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

契約満了日を過ぎても賃貸物件に住んだ場合

賃貸物件では普通借家契約を交わして、一年単位で契約期間を定めることが一般的です。契約更新は借主に大きな問題が無ければ、借主が契約更新を望んだ場合、貸主は受け入れなければなりません。通常は契約期間の満了日が近づけば更新をするかどうかの書類が不動産会社から送られてきます。しかし、仲介業者と取引をしていない物件の場合はそういった書類が送られてこない場合があります。

貸主と借主が契約期間満了日を忘れていた場合にはこういうことになります。では、気づかずに契約期間を過ぎるとどうなるのかというと、法定更新という自動で契約が更新されます。ただし、法定更新は契約期間の定めが無い契約であるので、契約更新を忘れていたことを理由に退去を命じられた場合は退去しなければなりません。借主にとっては急に退去を命じられても、引越しや新たな住まいの確保には初期費用や引越し費用がかかるので大きな負担になります。こういったことが無いように必ず覚えておくことが大切です。定期借家契約の場合は、契約更新が無いので、契約期間満了日を過ぎても滞在している場合は不法滞在とみなされます。無条件で強制退去となるので、契約書を読んで注意することが大切です。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.