建築中の新築の賃貸物件を契約する際には、契約期間を一年に設定して想像と違った間取りであれば早々に退去します。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

建築中の賃貸物件を契約する場合の注意点

新築の賃貸物件に住みたい場合は、建築中の物件を完成前に契約することもあります。その場合は物件の下見が出来ないので、様々なことに注意が必要です。まず、実際に入居したら資料通りの間取りになっているかをチェックします。完成と予定には微妙なズレが生じることはよくあることなので、生活に支障をきたさない程度であれば受け入れることが大切です。

その物件をもし仕事や事務所に使用する場合は、間取りの変化によって業務に支障をきたす場合があります。その時は契約解除が出来る可能性があります。しかし、住宅用として借りた場合においては契約解除が難しいです。これは、完成図は予定図と微妙にズレが生じることを把握した上で契約してもらっているからであり、実際に金銭面で損失が無い限り、契約は解除出来ません。こういったことを懸念するのであれば、契約は一年にしておいて、想像と間取りが違った場合は契約更新をせずに早期に退去することが大切です。契約期間を短く設定するということは、契約更新の際にかかる更新料を支払うタイミングが早くなります。更新料の相場は家賃の一ヶ月分であるので、あまりにも短い期間に設定すると損をしますが、建設中の新築物件であれば保険の意味を込めて一年に設定することが大切です。

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.