賃貸物件の資料に予定の設備が記載されており、予定であることが書かれてない場合は、設備の設置を要求出来ます。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

賃貸物件の資料に掲載されている設備が付いていない場合

賃貸物件を探す際には、初めに複数の資料を読んで設備や間取りを確認します。駐車場の有無やインターネット接続の有無などが記載されており、自宅で仕事をする場合には非常に重要な項目となります。では、インターネット接続が光回線と記載されていたのに、実際に住んでみるとADSLで光回線は工事予定だと言われた場合はどう対処すればいいのかというと、その情報が記載されていた媒体によって変わります。

まず、物件の資料に明確に光回線と記載されていた場合は、光回線の工事を急がせることが出来ます。しかし、インターネット接続有りとだけ記載されていた場合には工事を要求することは出来ません。もし、自分で契約する場合には管理者の許可を得なければなりません。広告ではなく会話の中で光回線の事に触れられた場合は、それをはぐらかされることによって、光回線の工事を要求することが難しくなります。重要な会話は全て録音しておくことが大切です。駐車場に関しても、既に満車であれば利用出来ないので空き状況を予め確認しておきます。設備が予定とされている場合は、明らかに虚偽の情報が記載されていることになるので、自治体の相談窓口に相談することが大切です。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.