建築中の新築の賃貸物件を契約する際には、完成予定日を把握して余裕を持って引越し計画を立てることが大切です。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

新築の賃貸物件が入居日になっても建築中であった場合

新築の賃貸物件を探す際には、現在は建築中の物件を契約する場合があります。新築は築一年未満で未入居の物件んであるので、必ずしも既に建てられているとは限りません。もし、入居日になってもその物件が建築中であった場合は住む家が無いので非常に困ります。現在住んでいる物件の管理者に相談して、引越し日を延ばしてくれるのであれば問題ありませんが、引越しの手続きなどに不備が生じます。

相談しても引越し日が延期出来ない場合は、建築中の新築物件が完成するまでの間は別の物件に住まなければなりません。この場合は、それにかかった家賃や引越し費用を管理会社に請求することが出来ます。ただし、完成予定日に遅れた場合であり、借主の見間違いで完成予定日を間違えていた場合には損害は保障されません。必ず完成予定日を把握して、余裕を持って引越し計画を立てることが大切です。物件が完成するまでの期間がわずかであった場合は、少しの期間でも住まわせてくれる物件を探さなければなりません。しかし、ほとんどの物件は引越しの一ヶ月前までに申告をしなければならないので、数週間程度では借りることは出来ません。そんな時には週単位の契約が出来るウィークリーマンションを探します。

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.