賃貸暮らしでは、音の問題でトラブルになることが多いです。ルールや節度を守ることが重要です。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

賃貸住宅で快適に暮らしていくために

賃貸アパートやマンションには、自分一人が住んでいるのではなく、他にも住んでいる人がいます。自分の何気ない行動が、他人からしたら迷惑と感じることもあると頭の中に入れておくことです。住人同士がトラブルになった原因を聞いてみると、音の問題であることが非常に多いです。話し声がうるさいだったり、音楽を大音量でかけているなどがあります。一人暮らしをすると寂しさや、親がいないと言う解放感から友達を呼んで深夜まで話をすることもありますが、夜遅い時間帯は特に、話し声のボリュームに注意することです。

携帯電話で話すときも注意が必要です。大声で話をしないことは当たり前ですが、よくベランダで電話をする人がいます。代表的な何気ない行動の一つですが、ベランダで話をすると室内で話しているよりも、上下左右の部屋の人たちに声が届きやすくなります。声は自分で小さくしているつもりであっても、意外と遠くの方まで聞こえると言うことを覚えておくことです。賃貸アパートやマンションでは、こう言った迷惑行為をせずにルールや節度を守って生活することです。そうしていれば他の住人とトラブルになることも無く、快適な賃貸生活を送ることができます。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.