賃貸物件の日当たりは、前に物件が建てられることで妨害されることがあります。その場合は訴えることも可能です。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

賃貸物件に住んでいて急に日当たりが悪くなったら

賃貸物件は立地条件や築年数を元にして条件を定めて探します。その条件には間取りや日当たりに関しても取り入れられています。南向き物件は日当たりが一日を通して良いので家賃が高く設定されています。しかし、物件の前に物件が建てられてしまうと、階層によっては日当たりが急激に悪くなる場合があります。

建築法規には日照権が定められています。これは一定の日当たりを物件に保証するというものであり、契約時と打って変わって日当たりが悪くなった場合においては、その原因を作った物件の管理会社に対して訴訟を起すことが出来ます。ただし、この日照権の基準は自治体によって変わるので、自分が住んでいる自治体の基準を下回っていることが条件です。日当たりは物件選びにおいて非常に重要です。東向きは午前中に日当たりが良く、西向きであれば午後に日当たりが良くなります。南向きは一日通して日当たりが良いですが、東向きと西向きに比べると陽射しは弱いです。また、角部屋に住むことによって窓が複数付いているので、それだけ日光を取り入れやすくなります。家賃は大きく異なるので、家賃を節約したいのであれば洗濯物を干す時間に合わせて方角を変えることが大切です。

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.