賃貸物件の契約時には必ず連帯保証人を付けなければなりません。契約者と同じ扱いを受けるので親族に依頼します。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

賃貸物件の契約時に必要な連帯保証人の役割

賃貸物件の契約の際には連帯保証人が必要になります。連帯保証人は借主が家賃を滞納した際に代わりに支払う義務が生じます。保証人との違いは、借主が家賃を滞納していなくても、連帯保証人に家賃を請求できるということです。保証人は借主が滞納をしなければ家賃を請求されることはありません。契約者と連帯保証人は全く同じ扱いを受けます。

連帯保証人には基本的に親になってもらいますが、親が高齢化によって充分な収入を得ていない場合においては兄弟に頼みます。兄弟もおらず、親族全員に断られた場合は保証会社に依頼します。保証会社は代わりに連帯保証人となってもらえるので、家族がいなくても物件を契約することは可能です。物件の契約時には連帯保証人の収入証明や実印が必要になります。収入証明は借主が家賃を滞納した際にスムーズに家賃を肩代わり出来るだけの経済力があるかを証明する為に必要です。実印は契約書に押すハンコであり、実印はこういった重要な契約時に必要になります。連帯保証人は出来るだけ借主と同等の経済力があることが望まれるので、年収の4分の1程度が年間の家賃の支払い額になるような経済力を持っている人に依頼します。出来るだけ友人には頼まないことが大切です。

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.