賃貸物件の仮押さえ後は契約締結までの期間であればキャンセルは可能です。違約金もかからないので注意が必要です。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

賃貸物件の仮押さえや申し込みは撤回出来るのか

賃貸物件を探す際には複数の候補の物件を下見して、その中から住みたい物件を選びます。しかし、あまりにも時間をかけて探してしまうと、その間に気になっていた物件を他人に契約されてしまう可能性があります。そんな時には申し込みをして仮押さえを実行してもらいます。家賃の何割かを支払う必要がありますが、これは契約締結後に敷金や礼金に補填されます。

では仮押さえた後、一切キャンセルは出来ないのかというと、契約が締結していないのであればキャンセルは出来ます。キャンセルを申し出ても仮押さえ後のキャンセルには多くの違約金がかかると言われる場合がありますが、これは契約を締結させる為の嘘です。仮押さえのキャンセルをすれば支払ったお金は返還されます。違約金もかからないので、もしそのような料金がかかると言われたら消費者センターに相談することが大切です。お金に関するトラブルは不動産会社に請求や返還を要求しても実際に支払われないことがほとんどです。電話で消費者センターに確認すると伝えればその場で支払いに応じる会社もありますが、それでも応じない場合は消費者センターから不動産会社へ支払い命令をしてもらうことが大切です。泣き寝入りをしないことが賃貸物件探しにおいては重要です。

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.