賃貸物件から退去する時、喫煙者のクリーニング代をいかに工夫したら低く抑えることができるかアドバイスをしました。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

賃貸から退去する時、喫煙者のクリーニング費用を低くできるか

タバコを吸われる方なら、賃貸物件から退去する時にクリーニング代が高くなる事と思われます。タバコの煙は壁や天井などをヤニで汚すからです。汚れてしまった壁紙は、入居前の状態に修繕しなくてはいけないので、当然費用も負担する状況になってしまいます。では、喫煙者でも退去時の修繕費を抑えるにはどうすれば良いのかいくつか例を挙げてみたいと思います。最初にベランダで喫煙していれば、室内の壁紙を汚すことはありません、もし室内で喫煙する時でも換気扇の前なら壁紙の汚れは大分軽減されます。ですが女性が夜にべランダで喫煙していると防犯の面ではお勧めはできません。それならば、複数の部屋が有るなら喫煙する部屋を決めてしまい、他の部屋が汚れるのを防げ、壁紙の張り替えが必要最小限にできます一部屋だけで喫煙するなどルールを決めておけば費用の面でも節約になります。

しかし、賃貸物件の日常生活おける自然消耗による修繕は貸主あるとされるガイドラインもあり、タバコによる汚れはどのように対処されるのが適切なのかというのは意見が分かれてしまうことがあります。喫煙の汚れが自然消耗に当てはまるのかは意見が割れると思われますが、先に上げた例を注意しておけば費用が発生してしまっても最小限に止める事ができます。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.