賃貸の賃料はできるだけ低く抑えたいものですが、物件の人気によっては交渉で値下げしてもらうことも可能です。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

賃貸の賃料は値下げ交渉可能

賃貸物件と言えば賃料が一番重要な点ですが、中には交渉によって下げることに成功されている方もいるみたいです。普段から値引きなどをしたことが無い私にとっては考えも及びませんでしたが、例え僅かな額でも長く住めば住むほどそのメリットは跳ね返ってきそうです。しかし、実際のところはせいぜい千円程度の値下げが精一杯らしく、現実の厳しさを目の当たりにします。しかしそれでも1年で12000円の値下げになるわけですから、そう考えると決して少ない額ではありません。

成功しやすい物件は主に人気の無いところでして、例えば空き部屋が沢山あるようなところは交渉の余地があるのではないでしょうか。逆に言えば人気の高い物件は交渉が難しいと思われます。当たり前の話ですが、こういった点を参考にして額も決めたら良いと思います。ちなみに賃料は端数を切り落とすような交渉の仕方が良いかもしれません。色んな人の話を聞くと、例えば62000円であれば2000円を切るとか、51000円であれば1000円切るといった様な形であれば、大家さんも何となく応じやすいみたいです。最高で5000円を値下げされたという話も聞いたことがありますが、その辺りが限度になるかもしれません。

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.