賃貸物件を選ぶ時、生活の一部であるキッチは使いやすさと作業性や収納力、空間とのバランスをチェックすることです

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

賃貸物件でのキッチン選びのポイント

賃貸物件を選ぶ際に各部屋の配置から使いやすいキッチンなども確認しなければいけません。食事を作ることは生活の一部であり、効率の良いキッチンであることがポイントです。まずが調理の際に不可欠なシンク、コンロ、作業カウンター、冷蔵庫の配列なども考えて調理がしやすいキッチンを選ぶべきです。キッチンの基本的な配列があり、それぞれ一長一短あります。自分にはどのタイプが合うかイメージしながら今使っているキッチンを目安に、あと何センチ高い、あるいは低いと便利か、どこに何があると便利化など考えながら検討すると自分にとってベストなキッチンが見えてきます。

どのタイプのキッチンにしろ広すぎるキッチンはかえって使いにくい場合もあります。大勢で作業するぶんは良いですが、ひとりのときはかえって不便になりがちです。手を伸ばせばある程度のことができる空間のほうが使い勝手が良い場合もあります。通常の物件では使われているキッチンの基本配置と言えばU字型で十分な作業スペースを確保でき、動線もコンパクトで作業がラクです。I型は冷蔵庫やシンク、コンロなどを一列に並べたレイアウトで省スペースですが収納力はやや弱い、L型は作業スペースが広く、動線もコンパクトで作業効率は良いなどのキッチンタイプがあります。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.