賃貸とは家を貸すことで、大家は家賃を貰います、逆に借りる人は家賃を支払うことでその家を借りるのです。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

賃貸は家賃を取って貸す人と借りる人の契約です。

借りる物件はマンションを始め、アパートや下宿など数多くあります。もちろん戸建ての借家もあります。これらを家賃を払うことで一定期間借りるのです。それが賃貸という物件の借り方です。その物件を貸すことで大家は家賃を得ます。このように部屋や建物などを家賃を取って貸したり借りたりすることを賃貸と言うのです。これは民法で規定されていて、かなり厳しく制限されています。また、借りるときには権利金などの家金額を支払う筆応があるので、家賃だけでは借りることは出来ません。殆どの場合家賃の半年分から10ヶ月分が契約時には必要です。もちろん家を購入するよりも遙かに少ない金額で借りることは可能です。

最も安いのは下宿だと思います。次に安いのはアパートです。もちろん部屋数や大きさなどに寄り家賃は変わってきますが下宿の場合は6畳一間というのが多いと言えます。下宿の場合は食事が付いていることも多いようです。もちろんアパートではそのようなことはありません。家族向けのアパートでは新婚さんの入居が多いようです。また、強い日差しの場合は老人なども多いと言えます。何十年もそこに住んでいる人が非常に多いのです。新婚三はしばらくすると家族が増えることで引っ越しをします。アパートなどはごく一般的な賃貸物件だと言えるでしょう。またマンションなども最近は多です。それ以外に学生さんの場合は下宿なども入ってきます。下宿は食事などが付くところが多いようです。下宿は殆どの場合そこに大家さんが一緒に住んでいることが多いと言えます。その分家賃も安いのです。お風呂やトイレは共同のことが多いと言えます。最近のマンションではまずそんなところはありません。個人の生活が重要視されるからです。アパートも精勤はトイレと風呂は部屋に付いていることが多いようです。昔はアパートが多いところには必ずと行って良いほどお風呂屋がありました。そんなアパートが少なくなることで、銭湯も少なくなっていったようです。

僕が子ドムの頃住んでいたアパートもトイレは部屋の中に有りましたがお風呂はありませんでした。近くの銭湯へ母親と一緒に出かけたモノです。いまではその銭湯はなくなっていますが住んでいたアパートは今でも残っています。4畳半と6畳の二間で小さな台所が付いていました。そこに小学校の2年生まで住んでいたのです。そのアパートは大変多くの方が住んでいて皆仲良く暮らしていたと言えます。銭湯はなくなりましたがそのアパートだけは今でもその地域に残っているのです。玉に近くまで行くとどうなっているのかと確認に訪れます。

ピックアップ

  • 根管治療についてはこちらのページが便利です。

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.