安いのはアパートだと思います。それ以外に下宿なども家賃は安いです。賃貸には数多くの種類があります。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

賃貸物件は非常に多いと言えます。

集合住宅の場合、カメラ付きのインターホンがある物件は増えてきていると思います。ただそのカメラの場所が一階のエントランスのみで、各自宅の前には付いていないことが多いです。同じ建物内の方や、エントランスでインターホンを押さずに入ってきた人の顔を確認することができません。押さずに入ってくる人というのは、他の住人などが鍵を開けた時一緒に入ってきたり、複数の家に用事があり初めのお宅だけインターホンで開錠してもらった場合のことです。

玄関扉にある覗き穴から確認する方法もあります。しかしその方法では、居留守を使いたいこともあるので足音を忍ばせて行かないといけませんし、料理中や小さい子の世話をしていると玄関まで出て確認しにいくのが大変なこともあります。自分自身もそういう経験があったので、カメラ付きのインターホンを新たに取り付けたことがあります。当時賃貸だったので工事をせずに使えるものを探しました。

そこで見つけたのが、カメラを玄関ドアに専用の金具でひっかけるタイプのもので、これなら傷も付きませんしカメラも目立ちません。モニターは家の中で持ち運びもできるので非常に便利でした。映像も思った以上に綺麗で、画像の保存もできます。お値段もそんなに高くなく、今なら新しいものを買えば更に機能も良くなっていると思うので、検討している方にはおすすめです。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.